小上の漫画紹介ブログ

僕の趣味の1つである漫画をいくつか紹介していくブログです

アニメ化決定‼︎今人気の地獄楽を全巻読んでみた感想【漫画レビュー】

f:id:koue2525:20210212133757j:plain

 みなさんこんにちわ。今回は、アニメ化決定&最終巻が発売された今人気絶頂の話題作、「地獄楽」について私が読んだ感想を混じえ色々と紹介していこうと思う。 ※ネタバレは極力控えています

目次

「極楽浄土でサバイバル」に詰まった魅力溢れる世界観

 地獄楽の一番の魅力はなんといってもこの時代設定と極楽浄土の組み合わせが生み出す独特の世界観だろう。その時代特有の雰囲気と絵のタッチ、そして極楽浄土の程よいカオス感が見事にマッチしており、作品内での不気味な空気感を見事に表現している。

また、島内には人を花にする昆虫が存在するという設定があり、あえて目立つ脅威(物語が展開していくにつれ明確な敵は登場するが)ではなく、目立たない脅威にすることで、「どこに潜んでいるかわからない」という恐怖感を与え、作品全体に緊張感を生み出すことに成功している。

漫画において、全体の雰囲気の演出はファンタジーであればあるほど重要になってくるため、その点においては地獄楽は他の漫画の一歩先を行っているような印象を受けた。だからこそ、バトル漫画としては少々ありきたりな設定でも人気が出たのだろう。

独特なタッチで描かれる美麗な絵

 上でも一瞬取り上げたが、地獄楽はとにかく絵も作品の雰囲気を体現するごとく独特で美麗なタッチで描かれており、読者から高い評価を受けている。

漫画の絵は人間でいうところの顔に部分に相当するので、上手い方が良いに越したことはないのだが、この漫画の場合は単に上手いだけではなく、この漫画でしか見られないような個性的な絵柄であるため、そこもまた評価が上がっている要因の1つになっているだろう。 f:id:koue2525:20210212075737j:plain ↑緻密かつ独特なタッチで描かれているのがわかる。絵も人気が出た要因の一つであるということは、これを見ればなんとなく納得できるはずだ。

好み分かれるグロ描写

好みは分かれるとは思うが、このグロ描写も読者を引き込む要素のひとつだろう。グロの描写はその世界で生きるのはどれだけ過酷なのかということをわかりやすく視覚的に表している。血飛沫や人体の断面の他、虫をリアルに描写しているので虫嫌いの人は気の毒に思うが、それ以外の人ならばまだ耐えて見ることができるとは思う。

さいごに

いかがだっただろうか。私の文章力の問題で、魅力を最大限伝えることが出来なかったのが残念だが、少しでもわかってくだされば嬉しい限りだ。他にも色々と記事を書いているので、是非読んでくれたらありがたい。 ↓過去記事 koue2525manga.hatenadiary.jp